最新の関連ページ一覧

不動産登記はお早めに、放置は厳禁。

不動産を売買したり相続などでもらったり、建物を取り壊したりなど、状況に変化があった場合には不動産登記をしなければなりません。
いつまでにという期限がないのと、かなり手続きが難しく面倒なのでつい放置してしまいがちですが、後で何かあった時に権利を主張できなくなったり、担保に出来ないなどのトラブルになりかねません。
極端な話ですが誰かが勝手に売ってしまっても文句を言えなくなるので、後回しにせずキチンと登記をしておきたい所です。
所有権移転登記(トラブルのない相続や住宅ローンがからまないものに限る)や建物滅失登記などなら自分で出来ない事もありませんが、権利関係が複雑な場合(共有名義、担保権等他人の権利がついている場合など)や相続などで問題が発生している場合(隠し子の発覚、税金が出そうな場合など)には無理して自分でやろうとせず、素直に司法書士に依頼するのが賢明です。
このように自分でやるにしても司法書士に依頼するにしても面倒であることに変わりはないのですが、後回しにしないようにしたいものです。

最新の関連ページ一覧

Copyright(c) 不動産登記 . All Rights Reserved.