最新の関連ページ一覧

不動産登記を必要とする理由

不動産は大きな財産です。
誰がどの不動産を所有しているかハッキリさせておかないとトラブルになってしまいます。
例えば、複数の人がこの土地は自分のだと主張した時に不動産登記をしている人の主張しか認められません。
何故かというと、その不動産に登記されている者しか本物の権利者として認めないという内容が民法177条にあるからです。
その為に、必要なのが不動産登記です。
不動産登記とは、土地や建物の大きさや形状を記したものであり、その土地や建物の所有権を設定するものです。
また、登記すると登記簿(公的な帳簿)になり登記所に保管され誰でも閲覧出来る状態になります。
登記は、一般的に広さや場所を示す表題部と不動産の権利を示す権利部に別れています。
表題部は、土地なら所在、地番、地目や地積、建物なら所在、家屋面積、床面積、種類構造などが記されています。
権利部は、その不動産の所有者は誰でいつどこで取得し所有権を有したか原因が記されています。
誰がどの不動産を所有しているか解る登記簿ですから、不動産取引や贈与などで権利者が変更になった場合はトラブルを避ける為に登記の変更をしましょう。

最新の関連ページ一覧

Copyright(c) 不動産登記 . All Rights Reserved.