不動産登記は自分で行なうことも出来るのか

不動産登記と言えば登記所に行って、登記簿に自分が所有している物件であることを証明するために行なわれるものです。
ただ物件自体が高額となるのが一般的で、仮に正規に行なわれていない場合、将来、財産的損失が起こる可能性があるということで、それを防ぐため司法書士に依頼するのが一般的です。
しかしながら本来は、登記は建物と土地の所有することになる本人が行なうべき性質を有するものです。
不動産登記法という法律が存在しますが、第60条には権利に関する申請は法令に別段の定めがない限り、登記権利者及び登記義務者が共同して行なわなければならないと規定されています。
また登記を自分で申請を行なうことを本人申請といわれ、もし時間やそのノウハウが存在するなら自分で行なうことも当然に可能です。
一般的に司法書士に依頼するのは、司法書士法において、司法書士は報酬を受けて登記業務を行なうことができると規定されているためで、必要な書類や条件などを本人に代わって行なってくれると便利なことから依頼をするケースが多いのです。

あなたの悩みを親身に解決!人気の婚活

東京に多数在籍する仲人士の中でも特に人気なのはこちら

全国トップクラスのカリスマ仲人士を都道府県別でご紹介

縁結びのスペシャリスト、仲人士による真剣婚活サポート

長野で有名なカリスマ仲人士による婚活

最新の関連ページ一覧

不動産登記とは、国民の大切な財産である土地や建物の所在、面積のほか、所有者の住所、氏名などを公の登記

土地、建物を所有したら、不動産登記を行います。

不動産を売買したり相続などでもらったり、建物を取り壊したりなど、状況に変化があった場合には不動産登記

不動産登記はお早めに、放置は厳禁。

不動産は大きな財産です。
誰がどの不動産を所有しているかハッキリさせておかないとトラブルになっ

不動産登記を必要とする理由

Copyright(c) 不動産登記 . All Rights Reserved.