最新の関連ページ一覧

不動産登記は、不動産の種類によって異なります。

不動産登記とは、不動産に関係する登記のことですが、一口に言っても、不動産には様々な種類があり、目的によって行う不動産登記が異なります。
登記簿は磁気ディスクをもって調整されています。
登記所では、所定の請求書を提出すると、だれでも登記事項証明書の交付を受けることができ、また、だれでも登記事項要約書の交付を受けることができます。
不動産購入の前には、現地を確認するほか、登記事項証明書を取得するなどして、面積、所有者の確認などを調査しておくことが大切です。
建物の所有者は、自分で登記をしなければなりません。
申請できるのは、所有者や相続人です。
売買による所有権移転登記は、不動産を売る人と、買う人は共同で申請します。
司法書士は、他人の依頼を受け、報酬を得、登記の手続きを行うことができます。
また、土地家屋調査士は、他人の依頼を受け、報酬を得、不動産の表示に関する登記の手続きを行うことができます。
業であれば、司法書士や土地家屋調査士でなければなりませんが、業でなければ、誰でも、他人からの依頼を受けて登記の手続きができます。

最新の関連ページ一覧

Copyright(c) 不動産登記 . All Rights Reserved.