最新の関連ページ一覧

土地、建物を所有したら、不動産登記を行います。

不動産登記とは、国民の大切な財産である土地や建物の所在、面積のほか、所有者の住所、氏名などを公の登記簿に記載し、これを一般公開することにより、権利関係などの状況が誰にでもわかるようにし、取引の安全と円滑をはかる役割をはたしています。
不動産の登記のルールは、不動産登記法という法律です。
すべての登記は自分で行うことが原則で、建物の所有者は自分で登記をしなければなりません。
申請できるのは、所有者や相続人です。
売買による所有権移転登記は、不動産を売る人と、買う人は共同で申請します。
不動産登記は、表示に関する登記と権利に関する登記では、別々の資格者が取り扱います。
司法書士は、他人の依頼を受け、報酬を得、登記の手続きを行うことができます。
土地家屋調査士は、他人の依頼を受け、報酬を得、不動産の表示に関する登記の手続きを行うことができます。
業であれば、司法書士や土地家屋調査士でなければなりませんが、業でなければ、誰でも、他人からの依頼を受けて登記の手続きができます。

最新の関連ページ一覧

Copyright(c) 不動産登記 . All Rights Reserved.